矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 歯列矯正後の後戻りは部分矯正で安くお直し!
-->
矯正歯科
2018.04.22

歯列矯正後の後戻りは部分矯正で安くお直し!

はじめに

「せっかく歯列矯正をしたのに、また歯が乱れてきてしまった…」歯を治したものの、後戻りをしてしまうということを聞いたことはありませんか。歯列矯正というのは、歯に装置を取り付けて、歯が整ったら即完了!というわけではありません。動かした歯が、元に戻ってしまわないように、専用のリテーナーを使い、保定期間を過ごすことが必要になってきます。それでも、後戻りをしてしまったら?その場合には部分矯正がお薦めできますが、それでは、具体的に歯列矯正後に後戻りをしてしまうケースと部分矯正がお薦めな理由を解説していきましょう。


「後戻り」ってなに?
「後戻り」ってなに?

歯列矯正というのは、ブランケットという装置を装着したり、マウスピースなどを使って歯に力を加え、少しずつ歯を移動させて歯並びを整えていくものです。しかし、矯正直後というのは、歯の状態が固まっていない状態なので、再び元の状態に戻ってしまうことや、歯並びの乱れを起こしやすくなっています。歯は動くものであり、どんな矯正方法でもこの「後戻り」というものは存在します。本来であれば、きちんと保定期間を過ごすことで後戻りを防ぐことが出来るのですが、歯が固まるまでに数年かかることや、中にはずっとリテーナーを外せないままという方も見られます。後戻りをしてしまった際に、再び歯列矯正を行っていかなければならないのかと思うと、その手間と金額に躊躇してしまうのは当然のことでしょう。それでは、後戻りをしてしまった際にお勧めな、部分矯正というのはどのようなものなのでしょうか。

部分矯正とは

部分矯正というのは全体的に行う歯列矯正と比べて、必要最低限の歯に装置を取り付けるという方法です。この方法ですと、全体的な歯列矯正より価格が抑えることが可能なことと、装置をコンパクトにできるということから、口の中の違和感や痛みは半減されるのです。これは全体の歯の矯正には適していませんが、部分的な矯正だけというのなら、部分矯正だけで十分かと思われます。本当に効果があるのかと心配になる方がいるかもしれませんが、見た目の美しさにおいては十分な効果が期待できるでしょう。ただ、歯の状態によっては、全体的に矯正を行っていったほうがいい場合もありますので、きちんと歯医者さんと相談をして治療を進めていくことが、とても重要なことになってきます。

なるべく低コストで部分矯正を行うためには
なるべく低コストで部分矯正を行うためには

医療費控除というものをご存知でしょうか。部分矯正も、咀嚼障害や発音障害などといった診断名が付けば医療費控除の対象となり、申告をすれば治療費の一部が戻ってくる可能性もあるのです。この場合は、歯医者さんの診断を受けて診断書をもらうことが必要になってくるでしょう。また、マイカー以外での、公共交通機関でも交通費や、場合によってはタクシー代などもこの中に含まれます。なるべく安く治療費をおさえたいという方は、歯医者さんに相談をしてみてください。

部分矯正のメリットとは

部分矯正というのは、上記でもお伝えした通り、部分的に、歯が乱れているものに適しているものです。全体的に矯正する必要がなければ、治療も短く済みますし、費用も安く抑えることができるでしょう。そして、装置がコンパクトなので、周囲の人に気づかれにくいというようなメリットも存在しています。食事なども全体的な矯正より、制限が少なくて済むのではないでしょうか。しかし、これは、歯並びの状態にも対応できるわけではないので、その点での注意が必要になってきます。

後戻りを防ぐために

どんな矯正方法でも、後戻りはつきものです。部分矯正をしたからといって、安心してはいけません。保定期間を過ごしていかないことやまた元の状態に戻ってしまうことが考えられますので、絶対に保定期間中は、リテーナーという保定装置を装着してください。これは、ご自身で取り外しができるものなので、歯磨きや食事の時には取り外すことは可能です。最初は長い時間装着することが必要になってきますが、徐々に時間を減らし、日数を減らし、といったように保定期間を終了させていく流れとなります。保定期間を過ぎたとしても、寝ている間だけでもリテーナーを装着し続けることで、綺麗な歯並びを維持することができるでしょう。
また、後戻りを防ぐには、日常の悪い癖を改めることも必要になってきます。唇には歯を内側に押さえるという働きがありますが、唇を噛んだり、唇を吸い込んだりする癖があると、歯を強く抑え込み歯並びの乱れに繋がってしまいます。また、口を常に開いた状態ですと、舌が前歯に当たり、押し出される形になってしまいます。姿勢を正すことも重要です。うつぶせに寝る、頬杖をつくなどは歯並びの乱れを引き起こす原因となってしまいます。綺麗な歯並びを手に入れるためには、日常の癖も見直すことが必要ですが、きちんと歯医者さんでメンテナンスを受けることもとても大切なことです。面倒くさがらずにしっかりと矯正を終了させていきましょう。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション