矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 実はイイコトづくめ!舌側矯正の特徴とメリットを紹介
-->
矯正歯科
2018.05.1

実はイイコトづくめ!舌側矯正の特徴とメリットを紹介

はじめに

これから歯列矯正を始めたいと思っている方にとって、気がかりな点とは「金属で出来た装置が目立ってしまうのではないか」ということではないでしょうか。一般的な矯正方法ですと、ブランケットという金属を歯に装着しワイヤーを通して徐々に歯を動かしていくという方法です。この方法では、マウスピース矯正などに比べて歯の移動が速く進むために矯正期間が短く済む、というメリットがあります。しかし、このブランケットは金属で出来ているために、表面に装着するとどうしても目立ってしまい、審美的な面を気にされる方は躊躇してしまうかもしれませんね。でも、舌側矯正なら審美的な問題が解消されます。ほかにも、いくつかのメリットが存在します。それでは、舌側矯正の特徴とメリットとはどのようなものなのでしょうか。


舌側矯正とは
舌側矯正とは

舌側矯正とは、ブランケットとワイヤーを、歯の裏側に装着し表側からは目立たないようにするものです。表側に装着するブランケットは、金属が目立ってしまったり、食事のときに食べ物が装置に絡まってしまうなどのデメリットがありますが、舌側矯正ならそういった心配も軽減され、矯正中のストレスも軽減できるというメリットがあります。また、矯正中は装置が邪魔をして、どうしても歯ブラシが行き届かず虫歯や歯周病になりやすくなってしまいますが、虫歯になってしまったらいったん装置を外して治療をしなければなりません。そうなれば、当然、治療の期間は伸びてしまうことになりますよね。しかし、舌側矯正なら歯の裏側に装置を装着しているために、虫歯になりにくいというようなメリットを含んでいます。美しい口元を手に入れるために行っている矯正ですが、その期間は我慢が必要になります。しかし、舌側矯正なら審美面を気にされる方にとてもお薦めの方法です。

舌側矯正のメリット

上記でお伝えしたように舌側矯正には、目立たない、食事がしやすい、虫歯になりにくいというようなメリットがあります。また、他にも前歯を引っ込めやすいというような特徴があるのです。固定源になる奥歯が裏側からだと動きにくいため、前歯をしっかりと後ろに引っ張ることができます。さらに、装置が気になって舌を前に出さずに済むので、スムーズに前歯を後退させることが出来るでしょう。他にも、歯を守るエナメル質が傷つきにくいというようなメリットも存在します。表面に装置を装着するとエナメルクロックといって、エナメル質にひびが入るような状態になってしまうことがあります。しかし、舌側矯正の場合は、表側にダメージを与えずに済むので、エナメル質を傷つける心配はありません。歯の表面にあるエナメル質を傷つけてしまうと、知覚過敏を引き起こしてしまう可能性があります。スポーツなどでも、万が一ぶつかってしまったときなどに、装置が歯の裏側に装着してあるので、唇を傷つけてしまう心配はありません。表側に比べると施術が難しいために、治療費が少し高額になってしまうことと、矯正期間が長くなってしまうというようなこともありますが、短くはない矯正期間を少しでも快適に過ごしたい方にはとてもお薦めの矯正方法と言えるでしょう。

部分的な矯正も可能?
部分的な矯正も可能?

舌側矯正を用いて部分矯正を行うことも可能です。歯と歯の間に隙間がある、前歯が傾いている、歪んで生えているなどの部分的な矯正ですと装置もコンパクトになり、全体的な矯正よりも、金額が抑えられるといった特徴があります。もちろん、必要最低限の矯正だけ行っていく場合は、痛みや違和感も少なくなっていくでしょう。しかし、部分矯正では対応できないケースもありますので、歯医者さんとしっかりと相談をして行っていきましょう。治療の期間は、やはり全体的な矯正よりも短くなり気軽に矯正を始めることが出来るのではないでしょうか。

治療の流れと、期間

まずはカウンセリングを行いこれからの治療の内容や計画、金額や期間などの説明をうけます。このときに、不安なことや疑問点があればしっかりと歯医者さんに聞きましょう。その後で、口の中の状態を診断していきます。むし歯や歯周病があれば、矯正よりも先にそちらの治療を行っていきます。そして、矯正中はどうしても歯や装置に汚れが付着しやすくなってしまいますので、歯磨きの指導を受け、クリーニングを行います。その後、矯正装置の作成に入り、出来上がったら装着して治療を開始していくというような流れになっています。矯正期間は歯の状態によりますが、約1年半~3年というところです。表側矯正に比べると、期間は長くなってしまうことが多いです。しかし、装着している期間も人に気づかれにくいといった最大のメリットがありますので、とても魅力的な矯正方法と言えますよね。綺麗な歯並びを手に入れるためには多少の不自由は仕方ないとしても、それを極力少なくしたいという方には、舌側矯正は、とてもお薦めの矯正方法と言えるでしょう。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション