矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 歯列矯正中のホワイトニングの注意点
-->
矯正歯科
2018.05.22

歯列矯正中のホワイトニングの注意点

はじめに

みなさんが思う「理想的な歯」とは、どのような状態のことでしょうか?ニコッと笑った時に、口元からのぞく歯がでこぼこしていて黄ばんでいたら…綺麗にお化粧していても印象は台無しでしょう。整った歯並びと綺麗な白い歯はそれだけで好印象ですし、自分自身も自信をもって生活できるのではないでしょうか。歯列矯正を検討している方、もし、一緒にホワイトニングもできて歯の色を白くすることができるとしたら、そんなにいいことはないのですよね。
実は、マウスピースを使った歯列矯正ならそれが可能なのです!


歯列矯正の方法
歯列矯正の方法

歯並びの矯正方法は歯の状態によってことなりますが、主に以下のような方法があります。

■ブラケット矯正
ブラケットという小さな器具は歯につけて、そこにワイヤーを通して歯を動かす方法です。ブラケットの素材は、金属であったり白や透明の目立たないものがあります。ブラケットは、歯の表側につける方法と裏側につける方法があります。自分で取り外すことはできません。

■マウスピース矯正
取り外しが可能なマウスピースで矯正を行う方法です。同時にホワイトニングすることができます。

■セラミック矯正
クイック矯正とも言います。もともとある自分の歯の上にセラミックを被せて色や形を整える方法です。

マウスピース矯正以外は矯正器具を自由に取り外すことができないので、矯正中はいつも以上にきちんとクリーニングを行わなければなりません。ブラケット矯正は、ワイヤーなどの器具の周辺に食べカスなどの汚れが溜まりやすく歯磨きがしにくいので、虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。そのため、定期的に歯医者さんでクリーニングしてもらう必要があります。
また、歯の表側にワイヤーを取り付けている場合は矯正中にホワイトニングを行うことは難しいため、矯正治療が全て完了してから、改めてホワイトニングを始めなければなりません。
マウスピース矯正は取り外しができるので、いつも通り歯磨きを行えますが、食事や歯磨き以外の時間はマウスピースで歯を覆うことになります。汚れがついたままマウスピースをしてしまえば、虫歯になる可能性は高くなるので清潔にしておかなければなりません。

ホワイトニングの方法

このように、歯列矯正は種類によって装置や特徴が異なります。そのため、歯列矯正とホワイトニングを検討するにあたって、ホワイトニングの方法も最適なものを選ぶ必要があります。

■オフィスホワイトニング
歯医者さんで薬剤を使用して歯を白くする方法です。比較的短時間で効果があられます。

■ホームホワイトニング
自宅で行うホワイトニングです。マウスピースの中に薬剤を入れて装着します。
歯医者さんで使用する薬剤よりも濃度が低いので時間がかかります。時間をかけてじっくり薬を浸透させるため、色もちがよく自然に仕上がります。歯医者さんに指示された薬剤の濃度や装着時間をきちんと守らなければなりません。

■デュアルホワイトニング
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行います。色もちもよく、最も短時間で歯を白くすることができます。

注意点
注意点

マウスピース矯正を行っている場合は、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングのどちらも一緒に行うことができます。矯正している間に歯を白くすることもできるという点から、興味をもつ方も多いでしょう。しかし、マウスピース矯正中のホームホワイトニングには注意で必要です。
矯正治療用のマウスピースは「歯を矯正すること」が目的なので当然ではありますが、硬く、歯にぴったりと密着するようにできています。そのため、マウスピースの中にホワイトニング用の薬剤を入れてもほとんどはみだしてしまうことがあります。他にも、マウスピースが歯茎までカバーするような形になっている場合もあるので、薬剤が歯茎にくっついてしまう可能性があり、ピリピリしたり白くなってしまうことも考えられます。
そのため、ホームホワイトニングよりもオフィスホワイトニングがオススメでしょう。歯医者さんの目で歯の状態を確認しながら進めていくことができるので、歯茎にトラブルが起きていないかなどもチェックしてもらうことができます。また、ホワイトニング後にコーティングで歯を保護するなどその後にトラブルが起きないようなケアもしてもらえるので安心でしょう。
ブラケット矯正の場合は、上でもお話ししましたが、矯正が完了してからホワイトニングを行いましょう。ホワイトニングを行うたびに装置を外すこともできない上に、ブラケットをつけていると虫歯や歯周病になりやすくなっているので、同時にホワイトニングの薬剤を使用することは歯によくありません。では、先にホワイトニングしてから矯正を行うのは?と思うかもしれませんね。しかしこの場合、せっかく白くなった歯も矯正をはじめることで必要とされる定期的なケアができなくなってしまい、色が戻ってしまう可能性があるのです。
ホワイトニングを行う場合は、どの方法においても余裕を持って進めていくと良いですね。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション