矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 出っ歯になってしまう原因は?デメリットと矯正の方法を解説
-->
矯正歯科
2018.06.1

出っ歯になってしまう原因は?デメリットと矯正の方法を解説

はじめに

「出っ歯」とは、上の歯が下の歯よりも前に出ている状態のことを言います。話している時に歯が目立ったり、笑うと歯茎が見えたりすることが多いため、「出っ歯は恥ずかしい」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。しかし、出っ歯は歯医者の歯列矯正で治すことができるのです。そこで今回は、出っ歯の原因やデメリットと実際の矯正方法を解説します。


出っ歯の原因は3つに分けられる
出っ歯の原因は3つに分けられる

出っ歯の原因は、次の3つに分けられます。それでは、それぞれの原因について細かく見ていきましょう。

1.骨格の問題
出っ歯になってしまう原因の1つに、あごの骨の大きさなどの骨格の問題が挙げられます。
例えば、上あごが大きすぎる場合には、あごと一緒に前歯が前にせり出して出っ歯になります。しかし、出っ歯になる原因は上あごだけではありません。下あごの骨が小さいとあごの位置が奥に入ってしまうため、結果的に前歯が前に出てしまう場合もあるのです。
どちらの場合も遺伝性がありますので、両親や祖父母など血縁関係に出っ歯の人がいると、あなた自身も出っ歯になる可能性が高くなってしまうでしょう。

2.前歯の生え方の問題
前歯の生え方によっても、出っ歯になることがあります。上あごの大きさに対して生えてくる前歯が大きい場合には、歯が前方に押し出されてしまいます。その結果、出っ歯になってしまうのです。
また、上の歯が前方に曲がった状態で歯茎に埋まっていることもあります。その場合も、出っ歯になりやすいと言えるでしょう。

3.噛み合わせの問題
出っ歯には、噛み合わせの悪さも大きな影響を及ぼします。噛み合わせが悪くなってしまう主な理由は、次の4つです。

・親知らずなどの抜歯をした
・歯ぎしりで下の歯の構成が崩れた
・子供時代に指しゃぶりや爪を噛む癖があった
・舌先で上の歯を押す癖がある

出っ歯には見た目以外のデメリットも多い

出っ歯で最も気になるのは、見た目の問題です。話している時に歯が目立ったり、笑うと歯茎が見えたりすることが多いため、写真を撮りたがらない人もいるでしょう。しかし、出っ歯には見た目だけでなく、ドライマウスや虫歯になりやすいなどのデメリットもあります。特に、出っ歯だと口が閉じにくいので、全身状態にも影響をおよぼします。
実は、出っ歯の人の多くは、口の中が乾燥しやすくなります。しかし、唾液の分泌量が少ないわけではありません。出っ歯だと口が開いている状態が長くなるため、口の中はどんどん乾燥してしまい、分泌する唾液だけではその乾燥を止められないのです。そのため、唾液が本来持っている汚れを落とす力や抗菌作用の働きが悪くなり、虫歯や歯周病になりやすくなると考えられます。
また、乾燥した前歯や歯茎に唇がくっついてしまい、話しにくさを感じる人も多いでしょう。さらに、出っ歯の人は噛み合わせが悪いことが多いので、あごに負担がかかり顎関節症にもなりやすくなってしまいます。
このように、出っ歯には多くのデメリットがあるため、いつまでも健康的な生活を送るためにも治療を検討した方が良いでしょう。

出っ歯は歯医者で治すことができる
出っ歯は歯医者で治すことができる

出っ歯の原因の多くは骨格の問題であるため、手術などの外科治療でなければ治らないと思っている人も多いのではないでしょうか。実は、出っ歯の治療は外科治療より歯列矯正の方が主流です。歯全体の並びを整える全体矯正がほとんどですが、下の前歯の状態によっては部分矯正で治すこともできます。まずは歯医者を受診し、歯列矯正による出っ歯の治療が可能か相談してみましょう。

出っ歯を矯正する方法とは

それでは、実際に歯列矯正で出っ歯を治す場合には、どのような方法が行われるのか見ていきましょう。出っ歯の治療で行われる歯列矯正は以下の2種類です。

1.ワイヤー矯正
ワイヤー矯正とは、金属部分のワイヤーを使った器具を口に付けて矯正する方法です。器具で歯の位置を固定し、少しずつ歯を動かして歯並びを整えます。装着期間は1~2年ほどです。矯正期間中は金属部分が目立つため、口を開けると矯正器具が目立つ点が欠点と言えるでしょう。

2.マウスピース矯正
マウスピース矯正とは、自分に合ったマウスピースを作成し、口に入れて矯正する方法です。金属部分がないため、口を開けても矯正していることが分かりにくく、見た目に大きな影響を与えません。装着期間はワイヤー矯正と同じく1~2年ほどです。
ただし、症状が軽度な場合の治療法であるため、重度の出っ歯の場合には他の方法を選択する必要があります。

これらの方法は、どちらか1つを行う場合もあれば、段階的に2つを使い分けて行う場合もあります。治療方法は出っ歯の状態や歯科医によっても変わります。実際の治療方法については、歯医者で相談し自分の納得いく方法を選択するようにしましょう。

まとめ

テレビでは、出っ歯を個性として売りにしている芸能人も多く活躍しています。しかし、多くの人は出っ歯にコンプレックスを感じているのではないでしょうか。出っ歯は歯列矯正で治すことができます。出っ歯の治療に興味を持たれたら、ぜひ一度矯正歯科のある歯医者に相談に行くことをおすすめします。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション