矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 矯正中のトラブル!ブラケット装置が外れた場合の対処法
-->
矯正歯科
2018.06.7

矯正中のトラブル!ブラケット装置が外れた場合の対処法

はじめに

歯列矯正をされている方でワイヤー矯正をされている方は多いと思います。最も一般的な矯正方法ですから、治療の安心感もありますよね。通常ワイヤー矯正ではブラケットやワイヤーが外れるということはないのですが、稀にワイヤーが飛び出てしまったりブラケット装置が外れるということが起こります。このような歯列矯正中のトラブルにはどのように対処すればよいのでしょうか。


ブラケット装置が外れてしまったら
ブラケット装置が外れてしまったら

実は、ブラケットがワイヤー矯正の装置で一番外れやすいとされています。歯科専用の接着剤で歯の表面に装着するブラケットですが、セラミック治療をした歯やフッ素を塗った歯に対して接着剤は相性が悪く、少々外れやすくなってしまうのです。接着剤の問題だけではなく、歯列矯正を始めたばかりで矯正装置に慣れていないときに食事をして、歯ではなくブラケットでものを噛んでしまうことが多いとブラケットに負荷がかかり外れやすくなるということもあります。万が一ブラケットが外れてしまった時は、ブラケットやどの部分が外れたかによって慌てず適切に対処してください。

■対処方法
歯から外れてしまったブラケットがワイヤーにぶら下がって動く状態になっている場合は、歯医者で処方されたワックスを使用してブラケットとワイヤーを固定しましょう。取れてしまった金具は捨てずにとっておいてください。奥歯のブラケットが外れてしまった場合は、ワイヤーが抜けてしまう可能性があるのでワイヤーの先を折り曲げて抜けないように処置をとってください。ブラケットが外れて痛みが出てきた場合は、早急に歯医者を受診しましょう。痛みがない場合、ブラケットが頻繁に外れるということはないという場合においても、なるべく早く歯医者で診てもらってください。その際、外れた金具をもっていくと再利用できる可能性もあります。

ワイヤーが飛び出たり外れてしまったりしたら

ワイヤーには、歯を動かす力を加えるメインワイヤーとブラケットとメインワイヤーをつなげるリガチャーワイヤーとがあります。同じワイヤーでも役割が違いますから、それぞれに適した対処をとりましょう。

■メインワイヤーが外れた場合
メインワイヤーがブラケットから外れてしまった場合は、自分でブラケットの元の位置に差し込むことが可能であれば差し込んでしまって問題ありません。元の位置に差し込むことができない場合は、ワイヤーとブラケットをワックスで固定しましょう。それもできずワイヤーが飛び出ている場合は、爪切りなどで飛び出た部分を切り離します。切り離す際は、切り離したワイヤーが口の中に入るのを防ぐために、きちんとワイヤーの先端を指でつかんで切り離してください。

■リガチャーワイヤーが外れた場合
リガチャーワイヤーは、ブラケットの横、メインワイヤーの内側に結び目がきている状態が正しい状態です。食事や歯磨きなどによって結び目が外側に出てしまった場合は、つまようじなどで結び目をメインワイヤーの内側に押し込んでみてください。結び目が外側にある状態のままで過ごしていると、ワイヤーが口内を傷つけて炎症を起こしてしまう可能性があります。

矯正装置が当たって痛い、食事がしづらいといったトラブルには
矯正装置が当たって痛い、食事がしづらいといったトラブルには

矯正装置が当たって痛い、食事がしづらいといったトラブルには
歯列矯正を始めたばかりですと、慣れないために不快感や違和感、痛みを感じることが多いと思います。毎日のことですから、イライラやストレスが溜まりますよね。慣れるまで多少の我慢は必要なものの、どうしてもつらい!という時は自分でできる対処法を試してみましょう。

■矯正装置が当たって痛い
ブラケットやワイヤーが外れてしまっている場合は、先ほどの対処法を行い速やかに歯医者を受診してください。矯正装置に問題がない場合、状況によっては口の裏側の粘膜などに装置が擦れ、その部分が傷つき炎症を起こしたり口内炎になってしまうこともあります。このときは、装置にワックスを塗ると擦れが軽減されて痛みを和らげることができます。

■食事がしづらい
矯正装置をつけていない状態と比べれば、歯列矯正中はお口の中の環境がかなり変わってきます。初めのうちは、普通の食事が難しいということもあるでしょう。その場合は、まずはかたい食べ物を避け、柔らかく噛みやすいものから慣れていきましょう。他にも、具材の大きさをいつもより小さくするなど工夫ができます。次第に慣れてきますので、食事に問題がなくなってきたら通常の食事に挑戦してみてください。

トラブルが起きたら歯医者へ!

歯列矯正中の急なトラブルに焦らないよう、それぞれの場合の対処方法をご紹介しました。初めてのことだと慌ててしまいますが、落ち着いて適切な処置を施すことで矯正治療に大きな影響がでることを防げます。ただし、完全な対処ではありませんので、トラブルが起きたら歯医者を受診しトラブルの経緯や状態を説明しましょう。矯正治療は大きな費用と長い期間がかかるものですから、少しのことだからと放っておかずに適切な対応を心がけたいものですね。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション