矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 自分の歯並びに合った歯科矯正装置を選びましょう!
-->
矯正歯科
2018.06.25

自分の歯並びに合った歯科矯正装置を選びましょう!

はじめに

きれいな歯並びはそれだけでその方の魅力がアップするものですよね。自身の口元が気になる…という方で、歯列矯正をしてみようかな、と考えている方は多いでしょう。ひとまとめに歯列矯正と言っても、治療方法や矯正装置の種類は様々にあります。治療の歯医者選びとともに、自分がどの治療方法でどんな矯正装置に適しているのか、しっかりと見極めて選択したいですね。


いろいろな歯列矯正治療
いろいろな歯列矯正治療

歯列矯正と聞いて一番に思いつくのが、歯の表面を沿う銀色のワイヤー装置ではないでしょうか。子供が歯列矯正をしているとよく目にする矯正装置ですよね。歯列矯正といえばコレ!という方が多いかもしれませんが、実は矯正方法は他にもいろいろと存在します。数ある矯正方法を知ることで、ご自身の選択肢を広げていただければと思います。

■ワイヤー矯正
最も定番の歯列矯正方法ともいえる治療方法です。歯の表面に取り付けたブラケットとよばれる装置にワイヤーを通して、ワイヤーを引っ張ることで歯の位置を少しずつ矯正していきます。歯の表側にブラケットを付けてワイヤーを沿わせる方法がメジャーですが、歯の裏側部分にブラケットを装着して内側から歯を動かしていくリンガルブラケットという方法もあります。リンガルブラケットは、ブラケットやワイヤーが銀色の金属でも見た目に目立ちにくいというメリットがあります。

■インプラント矯正
インプラントと呼ばれるネジのようなものを歯茎の骨の部分に埋め込み、そのインプラントを支持部として、ワイヤーを歯の表面に沿わせて歯列矯正をしていきます。もちろん、治療が終わったら埋め込んだインプラントは取り外されます。通常のワイヤー矯正とは違い、様々な角度から歯を動かすことができるので、ワイヤー矯正では対応できないような難しい症例に対しても適応できる場合があります。

■マウスピース矯正
金属を一切使用せずに、プラスチックなどでつくられた透明・半透明のマウスピースをはめて歯を動かしていく矯正方法です。コンピューターシステムを用いて歯の動きを細かくシミュレーションし、計算された矯正過程に応じたマウスピースを段階的に作成して付け替えていきます。取り外しが可能なので、食事や歯磨きのときは外しておくことが可能ですし、ほとんど透明な装置を使用するため見た目にわかりにくく目立つこともありません。一方で、マウスピース矯正は難しい症例には適さず、適用範囲は限られています。

矯正装置も様々あります

ワイヤー矯正、インプラント矯正、マウスピース矯正とご紹介しましたが、これらの中でも使用する装置は患者さんの症状や生活によってさまざまにあります。
例えば、ワイヤー矯正は銀色の金属ブラケットとワイヤーを使用するというイメージが強いですが、見た目の美しさ(=審美性)を意識した審美ブラケットというものもあります。審美ブラケットとは、金属ブラケットとは異なり、セラミックやプラスチックといった白色または透明のブラケットを使用し矯正装置が目立つことを軽減してくれるものです。また、金属を使用しないため金属アレルギーの方でも治療ができるようになっています。効力は金属ブラケットと同じくらいで、様々な噛み合わせの不具合に対応できます。他にも、ハーフリンガルと呼ばれるものもあります。通常のワイヤー矯正とリンガルブラケットを併用したもので、口を開けたときに目立つ上顎にはリンガルブラケットで歯の裏側から矯正、目立たない下顎は通常のワイヤー矯正と使い分ける方法です。発音する際に舌は下の歯の裏側に当たることが多いですが、ハーフリンガル矯正であれば下の歯は表側に矯正装置がついているので発音の邪魔になりません。
マウスピース矯正にも大きくわけて矯正装置が2種類あります。インビザラインと呼ばれるものとアソアライナー(クリアアライナー)と呼ばれるものです。インビザラインは、治療を始める段階ですべての治療過程のマウスピースを作成しますが、アソアライナーは段階ごとに歯型をとって都度マウスピースを作成します。歯医者によって取り扱いのありなしがありますので、相談する際に聞いておきましょう。

歯並びの状態や日々の生活によって向き不向きがあります
歯並びの状態や日々の生活によって向き不向きがあります

歯列矯正方法にもいくつかの種類がありますし、その中でも様々な矯正装置を選択することが可能です。接客業など人前に立って話すお仕事をされている方だと見た目を重視されることも多いかと思いますし、楽器を演奏したりスポーツをされる方は口内に金属のワイヤーを装着することに抵抗がある方も多いでしょう。ご自身の仕事やライフスタイルに合わせて、何を重視するかでも選択肢は大きく変わってきます。ただ、歯並びがどの程度悪いのか、状態や症状によっては自身に適さない治療方法ももちろんあります。さらに、日々どのような生活を送っているかによってもその治療方法が向いているのかいないのかは変わってきます。希望している歯列矯正方法や矯正装置が必ずしも自身に適しているとは限りませんから、治療を検討される際はしっかりと歯医者の専門医に相談しましょう。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション