矯正歯科 コラム
矯正歯科
2018.07.16

治療したいけど歯並びが悪くて恥ずかしい…という方へ

はじめに

矯正歯科クリニックは歯並びが気になる方のためにあります。しかし歯並びがとても気になるのに、そして本当は矯正歯科クリニックにかかりたいのに「口を開けて誰かに見せることが嫌だ、恥ずかしい」という理由で受診をためらっている人がいます。

もし「まさに自分がそうだ」と感じたら、どうか安心してください。
歯並びが気になって「歯医者に行きたくない」という方でも、安心して矯正歯科治療を受けられるクリニックがあります。
そのようなクリニックに通えば、これまでの気持ちが嘘のように「この先生に任せよう」と思えるようになります。

ではそのような素晴らしい矯正歯科クリニックはどのように探したらいいのでしょうか。
その方法を紹介します。


理解してもらえない
理解してもらえない

最初に、歯並びが気になるのに矯正歯科クリニックに行けない方の心理を考えてみましょう。
歯並びの悩みを抱えてない多くの人は「歯医者さんに歯を見られるのは当然でしょ」と感じると思います。
または「歯医者さんはプロだから、患者は恥ずかしいと思う必要はない」とアドバイスするかもしれません。
しかしそのように言う人は、歯並びが気になって仕方がない人の気持ちを推測しようとすらしない人です。

歯並びを極度に気にする人は、日常会話で歯が話題になっただけで不快な思いをしているのです。そしてそうした方が最も嫌がるのは「歯並びが悪いからといって命にかかわるわけでもないし」と言われることです。
人には、命に関わらなくても命に関わることと同じくらい嫌なことがあるのです。

歯並びについても同じことがいえます。そのため、矯正をしたいのに歯医者に行くことができないのです。
もしそのような人に「歯医者さんに歯を見られるのは当然でしょ」と軽々しく言ったら、その人は2倍苦しむことになります。

歯医者に対する不信感

そして歯並びが気になる人は、歯医者の「あの一言」も苦手です。
それは「これほどになるまで、どうして放置しておいたのですか」という言葉です。

歯医者としては、歯科医療従事者として心配してそのように言っているのですが、歯並びが気になっている人は、その言葉をそのまま受け取ります。
つまり「これは相当ひどい歯並びだ」と聞こえ、さらに「叱られている」と感じてしまうのです。
これでは恐くてクリニックに行くことはできません。

しかし矯正歯科クリニックでしか治すことがきません

しかし歯並びの矯正は、1日でも早く行ったほうがいいでしょう。歯並びが整っていないと噛み合わせがうまくいかず、口の中の食材を効率よく食塊にすることができません。食塊の形成がうまくいかないと胃や腸での消化吸収が妨げられ、体調に悪影響を及ぼします。

また、歯並びだけは、矯正歯科治療を手がける歯科医にしか治すことができません。
そこで「歯医者に行きたくない人が矯正歯科クリニックに行く方法」を考えてみました。

良い矯正歯科クリニックを探す方法1:ホームページを確認する
良い矯正歯科クリニックを探す方法1:ホームページを確認する

歯並びを治したいのに矯正歯科クリニックに行けない方は、「他人に歯を見られたくない」と強く思っているからです。しかしそのような方でも、誰にも歯を見せないわけではないはずです。例えば親や特別親しい友人など、心を許しあえている人には、多少見せても気にならないはずです。

ということは、心から親身になって、歯並びに悩んでいる患者さんに寄り添ってくれる歯科医であれば、診てもらうことができるはずです。

そのような心のある歯医者の「心」は、クリニックのホームページに表れています。
例えば、矯正歯科治療について詳しく解説しているホームページは、患者さんへの気持ちがある歯科医の可能性が高いでしょう。
また、ホームページに「院長あいさつ」が掲載されていて、その文面が長く、院長自身の言葉で書かれてある場合も、患者さんに寄り添った矯正歯科治療をしてくれるはずです。

ホームページをつくる制作会社は、歯科クリニックのホームページをつくるときに必ず院長の意向をうかがいます。
院長が「とりあえず治療内容と住所と地図が載っていればよい」と言えば、冷たいイメージの閑散としたホームページなります。
しかし院長が「治療にかける想いをホームページに載せたい」と言えば、詳しい治療解説や治療のメリットとデメリットなどが掲載されます。
院長がホームページ上で治療の流れを詳しく解説するのは「これくらいで終わるので、まったく恐れる必要はありませんよ」と言いたいからなのです。

良い矯正歯科クリニックを探す方法2:とりあえず電話で様子を探ってみる

また、矯正歯科クリニックに電話をして「矯正歯科の方法について詳しく教えてください」と尋ねるのも有効です。
患者さんに寄り添った診療をしているクリニックでは、電話に出る事務職員の教育も行き届いているので、丁寧にしっかり教えてくれます。
一方、気持ちがこもっていないクリニックに電話をすると、対応した事務職員は「私たちは治療については回答できません。詳しいことは来院した際に先生に聞いてみてください」と答えるでしょう。
ほんの3分間の電話だけで、その矯正歯科クリニックの雰囲気は9割ぐらいわかるでしょう。

まとめ~ほぼすべての矯正歯科医は「心の痛み」と「治療後の笑顔」を知っている

先ほどから「良い歯医者」と一緒に「悪い歯医者」も例示していますが、しかしほとんどの矯正歯科医は、歯並びに悩む患者の心の痛みを知っています。
そして、矯正が終わり、美しい歯並びを取り戻したときの患者さんの笑顔も知っています。ですので安心して矯正歯科クリニックにかかってみてください。