矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 矯正治療と骨代謝の関係性|順調に治療を進めるためにできる事
-->
矯正歯科
2016.10.27

矯正治療と骨代謝の関係性|順調に治療を進めるためにできる事

はじめに

矯正治療というものは非常に時間と手間がかかり、また費用もかかる、一度では済まない治療方法です。ですが、矯正治療をし、歯並びをきちんと整えた歯は見た目だけでなく将来的にもとても効果的な治療法と言えます。

見た目が綺麗になるのはもちろん、歯並びがよくなることで手入れもしやすくなり、結果的に虫歯が減り、将来的に残すことができる歯が増えるというのは非常に大きなメリットだと言えます。「80歳まで20本歯を残そう」という8020運動も盛んになってきている今、矯正治療というのは少しずつ身近になりつつある治療です。

そういった矯正治療ですが、具体的にはどのような治療法で行うのか定かでない場合も多いと思われます。また、矯正治療を順調に進めるためにできることは何か、少しでも情報があり対処できることならしたいと思うこともあるのではないでしょうか。ここでは詳しい矯正治療の仕組み、順調に治療を進めるうえでできることをお話しさせていただきます。

矯正治療の方法とは?

歯の矯正治療というのは歯を動かすことによって、正しい位置に持っていくということを指します。歯を動かす方法は歯科医院によって様々ですが、大概の歯科医院では矯正専用の歯科器具を使い、それを一定期間使用したり、直接歯に取り付けることによって歯を動かし、矯正をしていきます。

ここでなぜ歯を動かすことができるのか、という疑問点がでてくるかと思います。矯正治療を行うのは子どもが多いというイメージですが、最近では女性の方でも多く見られるようになってきました。

ですがいくら子どもの歯と言えども、普通、少し力を加えたくらいでは歯が動くなんてことはありません。歯が動く時と言ったら乳歯が永久歯に生え変わる時にグラグラするくらい、の認識ではないでしょうか。では矯正治療する時、なぜ歯は動くのでしょうか?

歯の矯正は骨の代謝に関係していた
歯の矯正は骨の代謝に関係していた

どうして動くはずのない歯が動くのでしょうか。その答えは「骨代謝」にありました。骨代謝というのは骨が常に新しい組織に生まれ変わっていくことを言います。この代謝というのはいろいろなところで使われますよね。骨も他の期間と同じように常に新しくなる働きをしています。この働きのことを骨代謝と言います。

歯科矯正治療はこの骨代謝を利用して行う方法です。矯正専用の歯科器具で歯に毎日少しずつ一定の力を加え続けると歯が徐々に動いていきます。

この時、「治療を早く終わらせたいから」といった理由でやみくもに強い力をかけても意味がないということを念頭に置いておく必要がります。意味がないどころか全くの逆効果になってしまい、歯全体の負担になります。

骨代謝で動かすということは、その骨自身の代謝のスピードを利用して歯を動かすということです。これはやみくもに第三者が手を加えるよりも矯正者本人の力、歯科医師、器具、骨代謝を信じて根気よく付き合っていくことが重要です。

そしてその際しっかりと歯科医師と連携を取り合い、協力しあって進めることが重要になります。そして矯正治療中、違和感を感じたり、鈍い痛みを感じるというのは当たり前の現象です。親としては我が子が痛がっているとなるとなんとかしてあげたいと思いがちですが矯正治療中は仕方がないと割り切ってください。

順調に治療を進めるためにできること(1)

さて、ここでは先ほどお話しした矯正治療を順調に進めるために大切なことをお話ししていきます。

矯正治療にトラブルはつきものです。矯正治療をしている子どもが、「○○が痛い」「とれてしまった」など言い出すことは日常茶飯事と言えます。当然通常の歯科治療よりも時間がかかり、親御さんとしては手間が増えると言えます。

ですが、矯正治療は虫歯治療とは違い、その場で先生に治してもらったらはい、終わり。というわけにはいきません。歯科矯正治療は保護者の協力なしに成功はあり得ないのです。特に矯正治療は母親の協力によるものが成功の秘訣とも言われています。父親より母親の方が協力的に行ってくれる傾向にあるようです。できれば父親、母親どちらもどんな方法で矯正方法をしていて、どういった工程で矯正治療が進んでいくのかを共通理解して行うのをお勧めします。

治療を順調に進めるためにできること(2)
治療を順調に進めるためにできること(2)

矯正治療をする際、お子様にもきちんと説明することをお勧めします。お子様になぜ矯正が必要なのは、どうやって治療していくのかしっかりとお伝えし、お子様も納得した上で矯正治療を始めるようにすると比較的スムーズに進みます。矯正治療を実際行うのは親御さんではなくお子様です。痛い思いをするのはお子様なのです。「なんのために矯正治療をするのか」がお子様自身理解できていないと「どうしてこんな痛い思い、大変な思いをしなくてはいけないのか」と思い、矯正治療を拒み始めてしまうケースもあります。そうならないためにもしっかりと矯正の重要性や必要性を納得するまで話し合うことが大切だと言えます。

まとめ

矯正治療は骨代謝を利用したものです。そのため痛みが生じたり、違和感があったりするのは仕方ないと言われています。その時、どうやって乗り越えるかが矯正治療を乗り切るために大切なことだと言われています。

ですが、骨の代謝を利用するため、体への負担は少ないと言われています。骨の成長に合わせて行うので確かに時間はかかります。その分しっかりとした矯正治療ができるとも言えます。しっかりと歯科医師、家族、連携をとって順調に矯正治療が進むことを目標に」してみてください。

矯正治療は確かに大変ですが、綺麗になった歯並びは一生ものです、治療中は確かに大変かもしれません。周りからの目も気になるかもしれません。ですが綺麗な歯並びを鏡で見た時の感動ははかり知れないものです。そういった姿を想像するだけで随分モチベーションも上がります。しっかりと目標を持って取り組んでみてください。きっと、矯正治療を通して家族同士も協力しあうことで絆も深まるのではないでしょうか。矯正治療は一生ものの歯を手にするためのステップです。しっかりと向き合い、綺麗な歯並びを手にしてください。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション