矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科
-->
矯正歯科
2016.08.7

矯正治療の必要性を確認!自分でできる歯並びチェック

歯を噛んだ状態でチェック

セルフチェックを行うにあたり、まずは、歯を噛んだ状態で正面から見てみましょう。歯は正面から奥歯まで片側で7本、左右合わせて14本あります。まずは歯の本数をチェックしましょう。次に歯の中心を結ぶ線を正中線と呼びますが、この線が上下でずれていないかを確認します。そして、歯を咬み合わせながら唇を開くことで、歯のがたつきや歯の重なり具合など歯並びをチェックできるのです。
正面のチェックが終わること、横顔のチェックに入ります。背筋をまっすぐにして立ち、横顔をチェックします。上顎が前に出すぎていると、上顎前突いわゆる出っ歯の状態になります。逆に下顎が前に出ていると、受け口と呼ばれる状態となるのです。その他にも横顔は鼻と顎先を結んだラインであるeラインも分かります。このラインに唇が軽く触れる程度が美しい顔立ちといわれています。
これらは鏡があれば簡単にチェックも出来るため、ぜひ矯正治療を受けるか検討する最初の段階として実践してみることをおすすめします。実際には矯正がすぐに必要な状態かは歯科医師のカウンセリングを受けたうえで相談、決定することが大切なため、その後は歯科医院へ足を運ぶことでより正確な診断を受けることが出来ます。

コラム全文を読む

矯正歯科
2016.08.4

矯正治療が必要になる可能性が高い方の特徴

矯正治療が必要な人とは?

矯正治療とは歯科で言うなら、歯並びを適切な位置へと動かすことを言います。この矯正治療が必要になる人とはどういった人でしょうか?ここでは矯正治療をすることをおすすめする人の特徴を挙げていきます。

まず1つ目が、食べ物がしっかりと噛めない人です。食べ物がしっかりと噛めないと食事が満足に出来ませんし、何より食事を楽しめませんよね。

2つ目は、歯と歯の間が空いている人は食べカスがたまりやすく、虫歯になりやすくなります。また虫歯だけに留まらず、歯周病になった場合には歯茎に炎症が起きたりするなど重篤化する原因にもなります。

3つ目は、あごの関節に負担がかかるということです。過度な負荷がかかり続けると、顎関節症になる可能性が高まります。しっかりと食べ物を噛めないということは均等に噛むことが出来ず、偏った噛み方を続けた結果、顎関節症につながります。

コラム全文を読む

矯正歯科
2016.08.4

矯正治療とホワイトニングは同時に可能?

歯科矯正治療とは

矯正治療と一言で言っても様々な種類があり、全体的に矯正する方法や部分的に矯正する方法など多種多様です。患者の歯並びや口内の状態によって、可能な矯正治療の方法が異なるため、数ある方法から患者に適した矯正治療を行います。

いつまでに矯正治療を終えたい、見た目で矯正していることを悟られたくないなど、患者の要望に応じた矯正装置を用います。こうしたきめ細かい情報を、カウンセリングを基に導き出します。

コラム全文を読む

矯正歯科
2016.08.4

矯正歯科の必要な理由は?歯並びの悪さで体に与える影響

歯科矯正は何故必要なのか?

歯科矯正は一般的には、悪い歯並びを綺麗に治す治療のことを指します。歯科矯正の役割はそれだけではなく、審美的な改善、発音障害の改善などにも効果があります。また、前歯で食べ物をしっかりと噛み切ることや、奥歯で食べ物を噛み砕くことができるようにする治療でもあります。他には全身と噛み合わせのバランスを調整すること、歯のガタつきをなくすことで歯の清掃性を向上させて、歯の寿命を延ばすという予防の効果もあります。

更には成長期の子供の顎や顔の適切な成長発育を促す効果もあり、数多くの治療効果を持ち合わせる歯科医療の一分野なのです。歯科矯正では以下の大きな治療効果が3つあります。

まず1つ目が審美性の向上です。歯は人の第一印象にもなり、意識しなくても視界に入るものです。笑顔が素敵なことはチャームポイントにもなりますし、笑顔が素敵な人は自ずと歯並びも良い傾向にあります。

コラム全文を読む

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション